【未経験者向け】自分にもできる?WEBライターの仕事内容や収入相場について紹介します

Webライターの仕事が気になっている人

Webライターの仕事って興味があるけど、文章を書くのって難しそう。そして、正直に言うと収入面がイメージしにくい💦何がわからないかもわからないので、全体的な情報を教えて欲しいです

「Webライターの仕事は、未経験でもできるのか?」

「実際にどうやって収入を得ていくらくらい稼げるの?」

こういった部分は、かなり気になってしまうポイントだと思います。

現役webライターの私が、知りたいポイントに絞ってサクッと解説していきます。

 

WEBライターに向いてる人は「全員」!未経験でもできます

私は、どういう人がWEBライターに向いているのか?と質問されたら「全員」と答えています。

あなたは「でも、国語とか苦手だし・・・文章を書くのも得意じゃないです。」このように思ったかもしれませんね。

おそらく、文章を書くのが当たり前すぎて、自分の中で書くハードルが上がりすぎているのだと思います。

でも、よく考えてみてください。

小学校の義務教育で読書感想文を書いたことはあると思いますし、普段からLINEやメールなどで文章を書いていますよね?

さらに、履歴書や会社の日報とか、日常のあらゆる場面で強制的に「書く」機会はあります。

きっと、最初から作家みたいにスゴイい文章を書かなきゃいけないイメージなのかもしれません。

しかしながら、駆け出しライターに高いレベルの仕事は求められないので大丈夫です!

WEBライターに必要な資質は「覚悟」

Webライターの具体的な仕事はWEB媒体に掲載する「文章」を書くことで、WEBメディアに掲載する文章を1本でも書いたら、WEBライターを名乗れます。

つまり、ブログを書いている人もWEBライターを名乗ることはできます。

でも、ほとんどの方が、実績がないのにそんなことしてはいけないはずだと思い、名乗ることができません。

なので、WEBライターになると自分が覚悟することできたら、誰もがなれます。

WEBライターに求められるスキルや知識

WEBライターに求めたれるスキルや知識ってぶっちゃけ不要です。

なぜかというと、多くの場合は依頼者から渡されたマニュアル通りの文章を書けば良いからです。

つまり、ざっくり言ってしまえば、求められている内容の文章を納品することが仕事ということになります。

WEBライターは学力・資格が問われない職業

残念ながら、学力がなければフィールドにも上がれない世界が世の中には存在しています。

しかし、WEBライターは学力・資格が問われない職業です。

自分の得意な分野を突き詰めれば、それを専門性として売りにすることもできます。

未経験だったとしても、正しい努力を積み重ねていけば戦っていけるので、誰もがチャンスを掴める平等なフィールドです。

WEBライターの収入相場・月収など相場について

これは個人差がかなりありますので、一概に言えません。

ただ、期間というより、専業であるか?専門性はあるか?によって単価が変わるため概算となります。

WEBライター1本で食べている人はもっと単価や月収も上げていきやすい印象はあります。

とはいえ、文字単価が2円くらいになると、一気に収入が伸ばしていきやすくなります。

【表】WEBライターの収入相場平均・月収例

経験期間 文字単価 月収例
半年くらい 1円以下 1〜3万円
半年以上 1円〜1.5円 3〜5万円
1年以上〜2年 1.5〜2円 5〜10万円
2年以上 2円  10〜30万円

 

はじめるリスクはゼロ!WEBライターは初期費用0円ではじめられます

WEBライターの仕事を探すときは、基本的にクラウドソーシングと呼ばれているサイトから探すことになります。

クラウドソーシングは、クラウド(群衆)とソーシング(業務委託)を組み合わせた造語で、発注者が、特定の業務を不特定多数の人々に仕事を委託できる仕組みのこと。

登録するのは無料なので、実際にWEBライターとして収入を得たい場合、はじめるリスクはゼロです。

勉強するために本買ったりしなきゃいけないんじゃないの?と思うかもしれませんが、やってみてわからない点が出てきたら本を読めばOK!

》【現役Webライターが厳選】初心者にオススメのWEBライティング本

必要な情報は、当ブログやインターネットで検索すれば出てくるので、初期費用をかける必要はありません。

WEBライターは入り口!経験値が増えればできる仕事の幅も広がる

ライティング能力が上がることで、WEBライター以外の仕事も今後トライしやすくなります。

書くことに慣れてくると、様々な道がひらけます。以下はその一例です。

  • 書籍出版
  • アフィリエイト
  • WEBディレクション
  • オウンドメディア運営
  • WEBライティング講師
  • SNS運営(ブログ、ツイッター、Facebook)

私は4年前にアフィリエイトに挑戦したら全然結果が出ず挫折した経験があります。

でも、ライターとして記事を100記事くらい書いてからまた挑戦したら、2ヵ月くらいで収益が出せるようになりました。

また、Twitterもここ1週間でフォロワーを500人ほど伸ばすことができたので、ライティング力は全てのことに応用できると確信しています。

ゆっきーのツイッター:@yukky_lucky11

まとめ:WEBライターは0から1を生み出せる尊い仕事

個人的にはWEBライターとして、ライティング力が向上するとコミュニケーション能力も上がる気がしています。

なぜかいうと、分かりやすく伝えることを常に考えるようになるためです。

文章が書けるようになって損することはまずありません!

WEBライターになる際も初期費用はかかりませんし、誰もがトライする価値のあるお仕事だと断言できます。

代表的なクラウドソーシングサービスも参考程度に紹介しておきますので、この機会にチェックしてみるといいかもしれません。

ランサーズ:最大手のサイトで使いやすさと案件数はNo1

クラウドワークス:単価は低めですが初心者でもできる仕事が見つけやすい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です