【即日満員】ゆっきーの行動力爆上げサロン【募集停止中】

ライター歴2年の私が文字単価を5円以上にするためにやった3つのこと

ライターになった時、先が見えない不安と孤独で押し潰されそうだったゆっきーです。

先日、このようなツイートをしたところイイねをたくさんただきました!

フリーランス始めた時は、ライターとしての時給は100円でした。今日のライティングの仕事では、時給3,000円を越えていました。

あの頃は、勢いで始めて、「これでいいのかな?」って孤独で不安しかなかったけど、乗り越えてきてよかった。

ぶっちゃけ、かなりしんどい。けど、続けていけば道が拓ける

上記のツイートの細かい部分をお話していきます!

ライターと書いていますが、これからフリーランスを目指す方も、単価の壁に当たった時の参考になるかと思います。

スキルゼロのライターでも時給100円から3,000円になった

初めてのライティング案件では、文章を書くことに慣れていなかったので、700文字を書くだけで、8時間くらい必要でした。

2年経った今ですと、1,000文字だと15分〜30分くらいで書けます。

文字単価も最初は0,1円くらいで「バイトした方が稼げるのでは?」と思っていました。

現在ですと5~8円くらいです。

時給を割り出すには書くスピードが早ければ早いほど上がります。

もちろん質を担保することはスピードより大事です!とはいえ、意識はしておきたいとこです。

ライターを始めてから文字単価の推移をまとめてみるとこんなかんじ

  • 半年目:0.1円
  • 半年〜1年目後半:3~5円
  • 2年目(現在):5~8円

ライターが単価を上げるために具体的にしたこと3つ

  • 直営業の回数を増やした
  • 稼いでいるライターをお手本にする
  • 経験をSNSでアウトプットする(ブログ&ツイッター)

フリーランスになって1年目は、仕事をこなし、生き抜くことに手いっぱいで、情報収集をしている余裕がありませんでした。

単価を上げるということを意識しはじめたのは、今年の1月くらいからです。

直営業の回数を増やした

ぶっちゃけ、燃え尽き症候群で、現状のぬるま湯に満足してしまっている自分がいました。

このままではいかんと、直営業の数を増やして新しい仕事を増やしていきました。

燃え尽き症候群を乗り越えた方法は以下の記事にまとめています。

関連記事:独立して2年目のフリーランスが燃え尽き症候群から復活するためやったこと

ライターで稼いでいる方をお手本にする

わたしの場合だと目的は「ライターとして文字単価を上げること」です。

そして「たくさんの方に想いを届けるために発信力」も鍛えています。

この2つを実現している方は誰か?脳内ですぐ思い浮かんだのが佐々木ゴウさん(@goh_ssk)さんです。

ライター向けに講師をしつつ、ライ組という500人が参加するライター専用サロンなども主催されています。

1人で仕事をしていると、方向性のズレを自己修正しなければなりません。

そういう時は、お手本にしている方の行動をチェックしてみると、軸がズレていないか答えあわせができます。

経験をSNSでアウトプットする

上記と少し内容が被ってしまいますが、今までの経験をアウトプットしてみると、色々な発見ができます。

  • 実は意外な得意分野があった
  • ライターとして活動の幅が広がる
  • ライターとしての市場価値が把握できる
  • 1年前に苦労したことがすんなりとできるようになっている

ブログとツイッターをやってみたことで、SNSは信用を可視化するツールであるとわかったエピソードがあります。

新規のクライアントさんから、すでに固定のファンを持っていますのでと言っていただけました。

SNSで拡散されると、SEO的にもメリットがあるので付加価値の1つだと感じています。

まとめ:目的を明確にするとやるべきことがわかる

ライターが単価を上げるために具体的にしたこと3つ

①直営業の回数を増やした
②ライターで稼いでいる方をお手本にする
③経験をSNSでアウトプットする

目的をハッキリさせると、自分が何をしたらいいかわかってきます!

小さく切り分けて、1つずつクリアしていきましょう٩( ‘ω’ )و

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です