高卒元OLのジリ貧アラサーが解説!WEBライターの仕事が女性にピッタリな理由

女性の人生はパートナーの仕事の事情や、ライフイベントに左右される場合が多いです。

とはいえ、予想外で避けられないハプニングというのは、どんな人でも平等に起こります。

そういった時、ハプニングを「養分」もしくは「悲劇」に捉えるかによって、幸せにも不幸にもなります。

私は20代半ばまでずーっと、自分の人生を呪いたいくらい悲観していました。

でも、考え方を変えたことで、人生の幸福度は少しずつ上昇中です。

これまで様々な仕事をしてきたのですが、WEBライターは柔軟に働けるので、女性にピッタリな職業だと感じています。

昔の自分が選択肢の1つとして知っていれば、精神的な負担はかなり減っていたことでしょう。

今はけっこう絶好調という方も、心のどこかに置いておいてもらえたらと思います。

WEBライターは女性の強制ライフイベントに対応可能

WEBライターが女性と相性が良い最大の理由は、強制的に起こるライフイベントにも柔軟に対応できるからです。

  • 恋愛
  • 結婚
  • 出産
  • 離婚
  • 転職
  • 病気
  • 貧困

サッと思いつく限りでもこんなにあります・・・。

その時は、自分が100%正解だったと思える選択肢だったとしても、状況や環境は時間と共に変わっていきます。

だから、誰でも失敗する可能性はあるし、ハプニングだって避けられません。

ハプニングを完全に防ぐことは、おそらく不可能です。

とはいえ、強制イベントに出くわした時の回避策を知っているだけで、ハプニングにも対処していくことができます。

その他、WEBライターが女性にピッタリな理由

上記で最大の理由お伝えしましたが、次は、具体的な5つの理由について書いていきます。

誰もがチャレンジでき正社員くらいの給料が目指せる

WEBライターは学歴や年齢など関係なくできる仕事です。

それでいて、数をこなして経験を積んでいけば、正社員くらいの給料も狙っていけます。

未経験からでも、月10万円ほど安定的な収入は作っていけるところもポイントです。

悩みやツライ経験が記事の質を高める

悩んだ経験がたくさんあればあるほど、独自性のある記事が書きやすいです。

文章は誰もが書くことができますが、あなたがこれまで経験してきたことは、あなたしか書けません。

関連記事:平凡すぎる自分はWEBライターとして致命的?稼げる専門性の見つけ方

職歴やブランクに左右されない

転職活動を繰り返せば繰り返すほど不利になりがちですが、WEBライターは基本的に履歴書がなくてもなれます。

そして、実力主義です。

子育てや病気などで、社会人としてブランクがあったとしても、その経験を活かしてまた別のジャンルで執筆できたりします。

ブランクがマイナスどころか、逆に幅が広がっていくのです。

完全リモートで在宅ワークが可能

家事や育児を理由に女性を家庭に縛り付ける・正社員で働かせてくれない。

残念ながら、このように女性の経済的な自立を奪いコントロールしようとする男性は後を経ちません。

こういった状況でも、WEBライターなら隠れて仕事ができます。

子育て中の方は、子供と一緒に過ごしながらできますし、外に働きに出れない事情がある方でもトライできます。

働き方を知れたことで幸福度が爆上がりした

アラサーを悩ませるイベントは盛りだくさんです。

結婚とか出産せよという圧力。洗脳。

かといって、じゃあ世の中の常識に沿った生き方をしたとしても、離婚することもある。

育休が取れるような優良企業で働ける人ばかりじゃない。

金銭的な問題・再就職の壁など、人生は年齢を重ねるごとにハードモードになっていきます。

自己責任と言われたらそれまでだけど、心に余裕がない時は視野も広がらないし、自分のことなんて分析できないです。

だったら、自己責任で片付けず、自己防衛できる対処法を1つでも多く増やしていくことが先決だと思いませんか?

まとめ:WEBライターという仕事は未来を明るくする

  •  WEBライターは女性の強制ライフイベントに対応可能
  •  誰もがチャレンジでき正社員くらいの給料が目指せる
  • 悩みやツライ経験が記事の質を高める
  • 職歴やブランクに左右されな
  • 完全リモートで在宅ワークが可能

どっちみちハプニングは起こるので、振り回されるくらいなら、冷静に受け入れて養分にしちゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です