【即日満員】ゆっきーの行動力爆上げサロン【募集停止中】

海外ノマド中の元ジリ貧乏OLが教える!旅しながらできる仕事5選

旅しながら仕事したい人

インスタの広告などで「旅を仕事に!」という言葉を見かけます。旅しながら仕事をしてみたいので、すごい怪しいけどついクリックしてしまいます。

その気持ちわかります!!

お金と時間があれば旅行してみたいし、そんな生き方ができたら人生最高って思っちゃいますよね?

OL時代の自分は少なくともそうでした!

でも、現実は貧乏すぎて、片道切符で旅を続けるなんて「お金持ちの特権」とやる前から諦めていました。

とはいえ、あれから数年経ち、やりたいことの1つだった海外ノマド生活を送っています。

こちらの記事は、ワーキングプアの頃からいつか絶対行くと誓った場所、シンガポールのマリーナベイサンズで執筆しました!

元貧乏OLからフリーランスになった経験を含め、スキルゼロから始められる方法をお伝えします!

旅しながら稼ぐことは実現可能と断言する

 

主に私がやっている仕事について

  • 完全リモートワーク:WEBライター、アフィリエイト
  • 帰国時の単発案件:セミナー、イベントの手伝い

基本的に世界中どこにいても、インターネットとPCがあればできる「リモートワーク」をしています。

リモートワークとは会社以外の場所から遠隔で仕事を行う勤務形態と指し、クラウドソージングや受託案件などがあります。

ライターとしては、クライアントさんと直接契約して記事を納品しています。

アフィリエイトは、ホームページにASPと呼ばれている会社から広告を選び掲載し、そのサイトを見た人がサービスを利用したり、商品を購入した成果報酬を受け取ることができる仕組みです。

アフィサイトは当ブログとは別で運営しています。

日本に一時帰国した際は、セミナーやイベントの手伝いなどを行なっています。

旅を仕事に!という誘い文句のマルチ商法に気をつけよう

インスタを利用している友人たちに「1日5分の作業で旅行できる稼げるって本当?」という相談をされます。

広告を調べてみると、ほぼマルチ商法の勧誘ツール販促のアフィリエイトでした。

また、FBで旅の様子などをアップしていると、ワールドベンチャーやリゾネットといった旅行系のマルチ商法に勧誘されます。

色んな稼ぎ方を知りたいと思う派なので、とりあえず話は全て聞きますし否定もしません。

だからこそわかったのですが、収益モデルも良くないですし、とにかく再現性が低い。

「旅を仕事にする」ためにマルチ商法をはじめることはオススメしません。

自分で仕事を頑張った方がガッツリ稼げるし旅行もたくさんいけます!

安く旅行をするのに、最初に入会金10万とか払わなくても旅しながら仕事できるから!!

縁があってこの記事にたどり着き、読んでくれているあなたには騙されて欲しくないので、しつこいと思われてもいいから伝えさせてください。

「1日5分の作業で稼げる」

「旅先の写真をSNSでアップするだけ」

「お金も稼げて世界中どこでも旅行できちゃう!」

こんなカンタンに稼げたら、日本人全員が旅行へいき、今頃国民全員が楽しい生活を送っています。

苦しい思いをしながら満員電車に乗って会社へ行き、9時から5時まで働いていません。

夢を壊すようですみませんがこれが現実です。

前置きが長くなってしまいましたが、旅しながら仕事できる再現性が高い職業ついて詳しく書いていきますね!

旅をしながらできる仕事5選

各項目 ライター アフィリエイト WEBデザイナー プログラミング ブログ(SNS運営)
必要期間 1~3ヶ月 3~6ヶ月 3~6ヶ月 6ヶ月~1年 6ヶ月~1年
収入目安 20~30万 30~100万 40~60万 50~100万 5~30万
安定度

必要期間から収入目安を算出しています。

とはいえ、単価やスキルなど個人差がありますので、あくまで参考となっているためこちらの限りではありません。

それでは、難易度が低い仕事から順番に解説していきます。

ライター

雑誌・書籍・Webサイトなどに掲載される文章や記事を書く仕事。クライアントさんから依頼を受けて文章を書いています。

基本的に主な仕事の流れは以下となります。

・クラウドソーシングと言われる求人サイトを使い案件を受注して納品
・WEBメディアに記事を寄稿

WEBライターは誰もが挑戦しやすい職業なので、作業した分が確実に収入に繋がるので、最も再現性が高い方法です。

関連記事:【未経験者向け】自分にもできる?WEBライターの仕事内容や収入相場について紹介します

アフィリエイト

一言で表すならばホームページを店舗代わりして商品を紹介するオンラインの代理店です。

自身のサイトでASPと呼ばれている代理店から商品を選び紹介します。

そしてサイト訪問者が、紹介している商品を購入またはサービスを利用した場合報酬が発生。

売上があると報酬が毎月銀行口座に振り込まれる仕組みです。

関連記事:WEBライターorアフィリエイターどちらが稼げる?両方やってる複業フリーランスが答えます

WEBデザイン

制作するWEBサイトの色合いや装飾、全体的なデザイン、キービジュアルの作成など、イメージに関する部分を全て担当します。

仕事では「Illustrator」や「Photoshop」といったグラフィックソフトを使用。

デザインだけできれば良いと思いがちですが、それだけではありません。

基本的にWEBデザイナーはコーディングも行うため、プログラミングの知識としてHTML、CSS、JavaScriptといった言語も学ぶ必要があります。

案件規模が大きかったり、売れっ子の方などはデザインだけ担当しているケースもあります。

デザイナーに興味がある方は、元エンタメ系のTV局に勤務後に独立したオリオンママさんの記事を参考にしてみてください!

参考リンク:現役デザイナーがフリーランスになるために準備したことと営業方法

プログラミング

プログラミングはざっくり説明すると、パソコンに正しく指示を出すための命令文です。

HTML、CSS、PHP、JavaScript、RubyなどがWEBサイト制作に必要な言語となっています。

プログラミングを習得するとアプリやシステムの開発などが可能です。

半年〜1年くらい勉強して身につけるため時間がかかります。

とはいえ、フリーランスエンジニアの友人たちは月50万くらい普通に稼いでいたりして、食いっぱぐれがない、勉強するコスパがかなり良い職業です。

参考リンク:【完全初心者向け】プログラミング学習の始め方【3ヶ月で達成できる】

ブログ運営

個人ブログを開設して、情報発信や広告収入などで収益を得ることができます。

最も一般的な広告はGoogleアドセンスで、PV数が多くなればなるほど収益も上がる仕組みです。

100万PVでアドセンスの収益は30万円くらいと言われています。

あまりにも目標が遠すぎてイメージできませんよね、、、

とはいえ、ブログはマネタイズといわれる収益化の仕組みが数多くあります。

  • サロン運営
  • 書籍の出版
  • 有料Note販売
  • イベント開催
  • セミナーや講演会

コンテンツを育てるまで時間がかかるとはいえ、コツコツ続けてきた方々は、わりと自由なライフスタイルを送れている印象です。

備考:インフルエンサー

インフルエンサーは、SNSなどで自身のフォロワーが万単位以上の発信力を持っている人を指します。(wiki調べ)

フォロワーが万単位に満たない場合は、マイクロインフルエンサーとも呼ばれます。

現在は、個人でSNSを開設して人気者になれるチャンスも高いです。

SNSはコストをかけずにできるので、トライしてみる価値は大いにあります!

  • Blog
  • Twitter
  • Youtube
  • Instagram
  • Tiltok

複数の職種を組み合わせて収入源を作るのもあり!

 

例えば、プログラミング勉強中で安定して稼げないから、WEBライターと組み合わせるとか。

駆け出しのデザイナーだから、仕事の獲得方法や独立までの過程をブログやTwitterで発信してみるのも良いです。

フォトグラファーになりたいから、写真で食べていけるようになったら旅に出るだと再現性は低いですし、時間もかかってしまいます。

なので、まず動いてみてから考えましょう。

1つのことに集中して取り組まないと結果を出せない、といった意見もあって、言葉だけ聞くと不安になりませんか?

けど、あの意図ってもっと違う所にあると思うんですね。

これは自分の目的がどこあるか?切り分けて考え、行動したあとに悩むことです。

というのも、行動してみないと、集中すべきことが何なのかすら見極められないからです。

まず、自分の目的がどこあるか?それを達成するには何ができるか?行動しつつ考えましょう。

関連記事:WEBライターとブログどちらが稼げる?両方やってる私の例を紹介します

旅しながら仕事するデメリット

もちろん、旅しながら仕事するデメリットはあります。

自分の体験談

  • 食あたりで体調を崩し仕事に支障が出た
  • 今の働き方を続ける不安が生まれた
  • 日本の友達に会えない孤独を感じた

現在は、筋トレしてみたり、働き方を見直してこのデメリットは解決しました!

他には、仕事に追われていると、旅を楽しむ余裕なく働き詰めになるタイミングもあることは確かです。

とはいえ、普通に仕事していたら起こる出来事なので、工夫すれば改善していけます。

やってて楽しいことや、長時間作業してもまったく苦痛に感じない職業を選んだり、デメリットと上手く付き合える工夫をしていきましょう!

まとめ:誰でも旅しながら仕事はできるけどしんどい

旅しながら仕事をしても「毎日ハッピー☆」とか言ってたら逆に怖いです。

でも、幸福度が高いライフスタイルであることも確かです。

その理由は、やりたことをやってみた後悔は、やらない後悔より、次に繋がる学びが多いから。

私はやる前に「やめとけ!飽きるよ!」とか止められたけど、実際に自分で体験したかったのでやりました。

失敗したら日本に戻ってきてもいいんだから。

気になってる人は、いつかではなく、今できる1歩を踏み出しちゃいましょう٩( ‘ω’ )و

関連記事:最短で海外ノマドワーカーを目指したい人向け!行動するための3ステップ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です