失敗が怖いのはあたりまえ?海外で2年間ワーホリ生活したらメンタルブロックが吹き飛んだ件

失敗が怖い人

失敗が怖くて、最初の1歩が踏み出せません。どうせ自分なんかできないと思ってしまい、やる前から諦めてしまいます。自己肯定感の低さが問題なんでしょうか?

新しく挑戦することが怖かったのに、生まれて初めての海外で、2年間ワーホリしていたゆっきー(@yukky_lucky11)です。

オーストラリアでのワーホリを決意するまでの24年間、私は悲劇のヒロインマインドから抜け出せませんでした。

とにかく、行動すらせずに、やる前から全てに対して諦めモードで、自身が置かれた環境をひたすら呪うだけ。

しかし、25歳から日本を出て働いてみたことで、日本はチャンスだらけの国だと気づけました。

おかげでメンタルがめっちゃ強くなり、普通のOLからフリーランスになることができました。

失敗が怖い原因を突き止めて対策すれば、新しいことにも挑戦しやすくなります!

失敗が怖くて行動できない理由は「本能」にある?

とはいえ、メンタル強くするために海外行こう!という選択はいきなりとれませんよね。

失敗が怖くて挑戦できないのは、自己肯定感が低いというのも、ちょっと違うかなぁという気もしていました・・・。

そんなある日、ひょんなことから参加した、アメリカの臨床心理学博士・Taka先生のセミナーで、失敗が怖い理由は「本能」だと知り、目からウロコが落ちました。

内容を要約するとこういった感じ。(ネタバレになるので書けません)

人間は遥か昔に、狩猟で食料を得ていたので、失敗したら死ぬという恐怖が、本能で残っている。

だから、人間は失敗が怖い。重要なのは怖いと認めながら、行動すること。

ビビりなのは自分のせいじゃなく、自己肯定感が低いわけでもない。

本能レベルで怖いなら、もう受け入れるしかないよねって納得しました。

心理学・脳科学を研究し、人間が無意識に行ってしまう習性を知り尽くした先生の著書。

心を動かす文章や営業について学べる最強の1冊です。

売れるまでの時間―残り39秒 脳が断れない「無敵のセールスシステム」
amazon

 

メンタルブロックを外す方法

  • 失敗が怖いと認める
  • 怖いと思いつつ行動してみる

この2つです。

失敗にビビってしまうのは本能だから仕方ない。

そう認めた上でまずやってみる。

小さいことからはじめて、これを繰り返していく。

そうすると、次第に慣れてくるので、前ほどの恐怖はなくなります。

「行動」することへの抵抗がなくなる

「失敗」が怖くなくなると「行動」することへの抵抗がなくなります。

みんな怖いからやらないので、失敗を恐れない人は、それだけで、人生を切り開いていけるようになります。

努力しても覆せない事件がメンタルブロックをぶっ壊した

個人的な話になりますが、象徴的なエピソードを紹介してみます。

日本にいる頃は想像もできなかったのですが、アジア人だという理由だけで、仕事ができませんでした。

オーストラリアワーホリでの仕事探しは、お店に直接履歴書を持っていき、面接するのが主流です。

私は、A店に履歴書を持って行きました。

すると「人手が足りており、ワーホリは採用していない」と断られたのです。

その、1時間ほど後に、ドイツ人の友達が「A店でバイト決まったー!」と帰ってきました。

その場で面接受けて採用されたことを知り凹んだのは言うまでもないですね、、、

こういったケースは1度や2度ではありません。

日本にいる時は、高卒だから良い会社入れないとか学歴コンプレックスありました。

けど、どうにかこうにかすれば、面接くらいはしてもらえます。

でも、オーストラリアは無理だった。転生しない限り人種は変えられない。

正しい努力は然るべき場所でしないと実らないことも痛感しました。

まとめ:メンタルブロックは自力で外せる

メンタルブロックを外すには、恐怖のメカニズムを知ること。

そして小さい挑戦を積み重ねていく。これだけです!

失敗が怖く無くなると、日本はチャンスが掴み放題なので、少しずつ壁をブッ壊していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です