【徹底解説】チュラ大のタイ語オンラインコース【2020年12月】

チュラ大でタイ語習いたい人

チュラロンコン大学のタイ語コース「インテンシブタイ」が気になっています。オンライン授業の流れや様子を詳しく知りたいです。

ゆっきー

実際に2020年11〜12月までThai1クラスを受講した経験からお伝えしていきます。

1ヶ月を振り返ってみると超効率的に基礎文法の習得と語彙力が増やせました。

コロナの影響により2020年11月のクラスから完全にオンラインコースのみとなっており、先生に確認したら通学講座の開始は未定とのこと。

なので、本記事ではオンラインコースの情報を中心にまとめています!

チュラ大のタイ語オンラインコースは『大満足』一択

まず最初にネタバレすると大満足!最高オブ最高でした!

わたしがチュラ大のインテンシブタイを選んだ理由は3つ。

  • 質の高い授業を受けられる
  • 英語でタイ語を学べる
  • 短期集中でガッツリ勉強できる

目指しているタイ語のゴールは、好きなタイドラマについてローカルオタクたちと語り合えるレベルの深い会話と読み書きができるレベルです。

これらを踏まえた上で、インテンシブタイはスピーキング・リーディング・ライティング・リスニングを全体的に鍛えるのに最適なので選びました。

授業料が高いとは言われていますが、教育の質が担保されていて、教材も充実しているのでむしろコスパ良いです。

 

チュラ大のインテンシブタイについて

タイでNo1の大学チュラロンコン大(日本で言う東大)が開講する、外国人向けのタイ語講座です。

在住者の間で【タイ語が話せる人はだいたいチュラ大のインテンシブタイ通ってる説】が存在するほど、外国人のタイ語習得カリキュラムに特化しています。

それと同時に、スパルタなので離脱者も少なくないとも言われているのです・・・。

それは、強制的に毎日勉強せざるを得ないカリキュラムが組まれていから!!!離脱者についても後半で説明しています。

カリキュラムの特徴

スケジュール 週5日、1日3時間(土日祝休校)
期間 5〜6週間(祝日によって変動)
時間帯 初心者9:00 ~12:00、中上級13:00~16:00
授業形態 オンライン(Zoom)
価格  23,000 or 23,500バーツ(約8万円)※

※タイ在住者は+500Bで紙媒体の教科書も買える

スケジュールに関して、11〜12月は祝日が多かったので1ヶ月半かかりました。

もし、2021年1月開講のコースを申し込むと祝日がないので1ヶ月で終わります。

レベルについて

  • 初心者(beginners)Thai1~3
  • 中級者(intermediate)Thai4~6
  • 上級者(advanced)Thai7~9

TH1基礎的な文法や単語や日常会話・TH2タイ文字や発音のルール・TH3複雑な文法や単語の習得と専門的になっていきます。

TH1の教科書はローマ字タイ語表記となり、TH2からは全てタイ文字になります。

レベル感はTH3でローカルの小学6年生くらいの会話力。

TH4以降の具体的な内容は未確認にて後ほど追記します。

インテンシブタイの入学手続き&必要なもの

  • パスポート
  • ビザ(タイ在住者)
  • 入金完了後のスクショ

Googleフォームから申し込みます。

申し込みの際に入金確認のスクショが必須なので、先に入金を済ませて入力した方がスムーズです。

支払いは銀行振込orクレジットのみ。

申込期限や詳しい情報はチュラ大の公式サイトから確認できます。

»チュラ大インテンシブタイ公式

チュラ大タイ語コースオンライン授業の概要

オンラインコースは通学とは勝手が異なるため、事前にチェックしておきましょう。

ちなみに、入学案内にZoomの接続方法・スケジュールなどが記載されたシラバス・テキスト・エクササイズはEmailで届きます。

見落とさないように気をつけてくださいね!

オンライン授業での準備物

  • PC/タブレット/スマホ
  • 動画が見れるインターネット環境
  • Zoomアカウント

使用する資料やプラットフォーム

  • 授業配信:zoom
  • 教科書:E-Book(PDF)
  • 宿題:Google classroom
  • テスト提出:LINE
  • 連絡網:LINE

教科書の読み上げや解説する時は、先生がPDF画像をシェアしてくれますが、もしスマホで授業を受けるとなると画面が小さくて見にくいです。

Ebookの人は事前に印刷しておくor画面が大きいタブレットに表示しておく方がストレスなくスムーズに学習が進められるでしょう。

小テスト及び最終テストの回答は先生の個人LINE宛に送ります。

  • スピーキングテスト→音声ファイルを送る
  • ライティングテスト→回答を書いたメモの写メを送る

注意点

先生からLINEでテスト音声が送られてくるので、必ず新規友達追加をオンにしておくこと。下手したら0点になります。

オンラインクラスのメリット

最大のメリットは通学不要で時間を有効に使えたこと!

個人的には外に出るための身支度をしなくていい点がすごく気に入っています。移動もしなくていいので汗もかかない!

また、チュラ大の最寄りであるサイアム駅は、通勤時間帯などはかなり混んでいます。タクシーや車を使うにしてもやはり道路は渋滞。

バイタクという手もありますが、危ないので全員にオススメできません。(駐在者やその家族は禁止されてる会社もあるそうです)

オンラインなら電車や人混みによるコロナのリスクも軽減できます。

Zoomならではのデメリット

オンラインゆえに直面したアクシデントは、音声が大きすぎるクラスメイトが何人かいること。

初心者なので発音も不慣れゆえに、クラスメイトの正しくない発音も容赦無く耳に流れ込んでくる。

ということは自分の発音も正しくないため迷惑かるのが気になってしまいました、、、

その後、質疑応答の時だけマイクオンするようになり問題は解決しました。

動画もあります

教科書の中身や授業の様子をチラ見せしてます〜。概要欄に目次があるのでそちらから確認もできます♩

チュラ大タイ語コースQ&A

インテンシブタイ受講前に気になっていた事を中心に書きました!

国籍・年齢層・職種について

国籍は日本人が6人。あとはアメリカ・フィリピン・香港でした。

年代は20〜40代までバラバラで、社会人や大学生、駐在妻など様々。

日本や海外から受講している人4割、タイ在住者が6割です。

英語での授業がイメージしにくい

公式サイトはテキストのみの説明で授業の様子が全くわかりません\(^o^)/

わたしはオーストラリアに2年ほど住んでローカルレストランで働いてたので、わりと色々な国のアクセントにも慣れている方だとは思います。

そういった面から考えても先生はタイ訛りもなく発音めちゃくちゃ良いです!わかりやすいよう、簡単な単語を使ってゆっくり話してくれます。

なんか上から目線だったらすいません・・・。

とりあえずリスニングができれば問題ないです!ただ、理解を深めるためにも不明点を質問できる程度の英語力はあった方がいいかも。

スパルタについていけるか不安

クラスメイトが途中から授業に出席しなくなりました。

中盤あたりから簡単な質問に答えられなくなっていたので、おそらく復習をしてなかったと思われます。

※先生も質問の答えがわからない時は、教科書の100ページに載ってるよ〜とヒントくれる

言い換えれば、毎日出る宿題をやって、できないところを復習していればついていける内容です。気楽にいきましょう!

テストは難しいって本当?

テストの難易度は自分でどのくらい勉強してるかによって変化します。

流れとしては、先生と一緒に2時間ほど出題範囲の復習をしてから、残りの30分で試験するといった具合。

最終テストの合格点は60点以上です満点とれば合格!ではありません。

小テストにもパーセンテージが50%割り振られているので、最低でも10%をとり60%越えたら合格です。

TH1から次のクラスに進みたい場合、出席が80時間を越えてないとアウト。

オフラインでイベントはある?

通学コースでは、映画鑑賞などのアクティビティーが用意されていました。

しかし、オンラインコースではこちらの代わりにzoomでのカルチャークラスがあります。

チュラ大の構内には誰でも入れるので、気になる方はクラスメイト誘って探索などしてみてください!

クラスメイトと交流はある?

せっかく縁あって同じクラスになったので、タイ語を勉強する物仲間とお話とかしてみたいですよね!

残念ながら、学校側がイベントや懇親会を開いてくれるわけではないので、自主的に絡んでいく必要があります。

わたしの場合は、グループラインに誰かご飯行かない?と誘って交流できました!

どのレベルまで受講すべきか分からない

タイ語を勉強する理由は人それぞれ違うので、ひとまずThai1を試してから考えることをオススメします。

通ってるうちに、東京オリンピックのボランティアしたいとか、新たな目標が見つかったクラスメイトもいました。

備考:タイ語検定(旧ポーホック)を受けたい場合

先生曰く、普段どの程度タイ語を話すかにもよるけど、TH3まで受講すれば妥当でしょう。とのことです。

タイ文字のフォルムが好きすぎて入ったけどどちゃくそ楽しいよ!

チュラ大タイ語コース(インテンシブタイ)が向かない人

・通学で学生気分を味わいたい
・学習時間の確保が難しい

従来の通学コースであれば、チュラ大の学生証が発行され図書館で勉強したり、学食でランチしたりできます。

しかし、オンラインコースはそれができないので、キャンパスライフに憧れている場合は見送った方が良いでしょう。

あとはスケジュールが圧迫される(ような気がしてくる)ので、十分な学習時間が確保できないとキツイかもしれません。

中には睡眠時間を削って参加してるクラスメイトもいたのでヤル気カバーはできるかも。

チュラ大インテンシブタイの継続を決めた3つの理由

クラスメイトと話していて、どのレベルまで受講するか悩んでいる方が多い印象でした。

参考までにわたしが続行を決めた細かい理由を紹介しておきます。

誇りと情熱を持ってる先生が大好き

仕事に誇りと情熱を持ってるsuriya先生の授業が心地良かったです。教科書や問題集の作成してるのも彼。

タイ語を教えるのが好きな気持ちが伝わってくるから、それが伝染して勉強がどんどん楽しくなっていきました。

動詞がたくさんあったり、日本語や英語だと1つの単語で完結する言葉がタイ語だと細分化されていて混乱しがち。

ですが、先生はニュアンスの違いや使い分け方を先回りして教えてくれるので、モヤモヤが残らない!

文化的背景を踏まえた説明もわかりやすく、タイと日本の全く異なる文化を噛み砕いて教えてくれます。

普段から選ぶ言葉を大切にして、様々な角度から考え抜いている事が伝わってくるくらい1つ1つの解釈が頭良くて繊細な人が本当に大好き。

短期集中で効率よく学習可能

効率良く学習できるのは、カリキュラムだけでなく教科書が考え抜かれて作られているから。

レッスン終盤あたりに序盤の単語が登場して、あれ?なんだっけ?と慌てて復習することもしばしば。

その塩梅がイイ感じで、買い物などの日常生活でふとした時に使う表現だったりするんですよね。

さらにチュラ大の教科書に感動した点があります。

日系のタイ語学学校が使用している教科書だと、フリーランスの自分は使わない単語や言い回しがあったりしました。

例えば「課長や部長の妻のスーザンです」といった感じ。

チュラ大の教科書は「日本に訪れたら、ディズニーランドに行きます」といった、一般的に身近な表現が散りばめられています。

英語で世界中の人がタイ語を学習するためのカリキュラムなので、立場に関係なく楽しく学べる工夫が感じられました。

モチベーションが持続する

語学学習においてコツコツ継続監視の目がないとダラけてしませんか?

授業さえ出席してればオッケーでしょ!

そんな生徒たちの気持ちを見透かしているかのように、日々の宿題と6レッスン終わるごとに小テストがあります。

宿題はやってもやらなくてもいいんですけど、サボるとじわりじわりと後半で地味に差が出てくるのであなどれません、、、。

授業がない日も気を抜くことなく復習を繰り返すうちに1ヶ月があっという間に過ぎ、気づけば最終テストの日になってます\(^o^)/

【おまけ】チュラ大タイ語コース授業の記録

気づいた事や起きた変化を時系列でざっくりまとめました。

話せるようになった時の忘備録として書いてるので無益です。不要な方は読み飛ばしてください・・・。

1週間目:学校が怖い

久しぶりの学校、前日は緊張で眠れず、初日も朝早く目が覚めた。

前回のレッスンで習った単語は覚えておかないと、先生に質問された時分からなくて焦る。

例えば、スピーキングの練習。

フルーツのイラストを見て、これはタイ語で何と呼びますか?という問題が出る。

前の人がわからないと自分にパスが回ってきたりして、気が抜けません。笑

なので、ふと、不安がよぎったんですよね、、、。

ガチで宿題やらないと授業についていけなくなるのでは?

そして、ついていけなくなる=離脱決定オワタ

こうして3日目あたりから、復習の重要性が身に刻みこまれていったのです、、、。

クラスメイトとはzoom越しではあるものの、1週間で徐々に打ち解けた。

2週目:学習方法を変える

1日発音テストを挟み、レッスン7を迎える。

基本の文法いつ・どこ・誰・何・何時・何歳・できる・したいなど一通り習いました。

毎日のように新しい単語と文法を覚えなければいけないが、思うように頭に入ってこず頭が狂いそうになった32歳。

息抜きも取り入れたり学習方法を工夫するようになる。

3週目:勇気を出して話すが伝わらない

祝日があり授業は3日間のみだったので、ここぞとばかりにこれまでの復習をガッツリ行う。

心境の変化としては、ローカルに話しかける恐怖心が薄れてきた。

簡単な質問はできても、返答の内容がわからない時が9割だけど、ガンガン行く。

またこの頃から、英語に逃げないと固く誓いを立てるがそう上手くはいない。

だいたい、タイ人は英語話せる方が多いので、こいつ外国人だと察して英語に切り替えてきます。

4.5週目:開き直りからのマインドブロック破壊

ようやく英語で返されてもタイ語で話しかけていける鉄の心が育ってきたように感じます。

自分のだるさを想像すると申し訳なくなるのですが、もう気にしたら負け。

図太くならねば語学は成長しないと自己暗示をかける。

頭に入っている単語と文法が増えたため、断片的に聞き取れるようになる。

例えば、ドラマの早口で長い台詞は宇宙語のごとくわからない。

とはいえ、タクシーの運転手が家族に送ってるボイスメッセージ「今日は仕事終わったら、一緒にご飯食べに行こうぜ!」といった具体に、ふわっと内容が把握できる。笑

チュラ大のタイ語オンラインコース情報まとめ

長文になってしまいました、、、!読み切ってくれたみなさまに感謝です。

締め括りに、TH1の授業最終日にSuriya先生がくれて泣きそうになった言葉を残しておきます。

インテンシブタイを選んでくれてありがとう!

タイに住んでいてもなお、タイ語に興味がない外国人が多くいる中で、国境を越えてまで受講してくれたみんなにタイ語を教えられるのは講師として光栄です。そして、いちタイ人として本当に嬉しいです。

これからも勉強を続けてローカルとのおしゃべりを楽しんでね!

先生の心情を汲んだ意訳だけども、このタイ語愛に溢れた言葉が好きすぎる!

タイ語を正しく教えるために、母語じゃない英語で美しい言葉を使い分けて、伝える努力を惜しまないってすごすぎませんか?

リスペクトの気持ちが伝えられるくらい、タイ語もっと頑張ろうと身が引き締まりました。

ちなみにSuriya先生はThai1で会えます。タイ語沼へいってらっしゃいませ!