ツイッターのフォロワーがごっそり減る現象の解決策と増えなくなる原因

ツイートしてもフォロワーさんがごっそり減る現象に悩んでいませんか?

これ初めの頃だから、そのうちなくなるだろうと思ってました。

しかし、フォロワーさんが1万人になった現在でもこの現象はよく起こります。

ぶっちゃけ、毎回のように落ち込んだりすると身がもちません。

なのでツイッターを頑張っている方向けに解決策を書いていきますね!

フォロワーの増加ペースが減るスピードに追いついてないだけ

感情的になってしまうとわからなくなってしまうのですが、事実だけ書いてみると、フォロワーが増えるペースが減るペースに追いついてないだけです。

ほんとにこれだけ。

反応率の良いツイートをしても、この現象は起こっていたので、調整期間とかレジスタンス状態とか呼んでます。

関連記事:レジスタンス抜けた!2ヶ月でTwitterフォロワー5,000人にするために続けたシンプルな3つの習慣

解決法は淡々とツイートし続ける

ここで焦ってツイートを止めたり、発信内容の質が低くなると、さらにフォロワーは減り続けます。

なので、いつも通り、自分なりに反応率が良いツイートを発信して、できればツイート数を増やしてみましょう。

分析記録をつけると冷静に数字を把握できる

わたしはツイッターを毎日更新するようになってから、エクセルでデータをつけるようになりました。

データーを残しておくと「やばい!伸びが止まった」と悩んでも、「いや、ツイート数減ってるだけじゃん!」と冷静に改善点が発見できます。

具体的に、1つ1つライク数や、気づいたことをメモって改善してます。

減り続ける場合は過去の伸ばし方を疑う

ツイート内容や回数も問題ないのに減る場合は、フォロワーの伸ばし方を見直しましょう。

特に強制相互フォローイベントなどで伸ばしてしまうと、ひっそりフォローを外されたりするケースもあります。

強制フォローイベントなどは、フォロー&リツイートで無料の資料をプレゼントとか、アマギフの配布などです。

そういったイベントを繰り返すと、どこかで伸びが鈍くなります。

特に観察していると、1万人を目前に苦戦したり、伸びない原因がわからず自身が消耗してしまいがちなので、注意が必要です。

上記の理由から、わたしは強制フォローイベントは避けています。

関連記事:努力は必ず報われない。結果が出ない時期を乗り越える方法

母数が大きくなればなるほど減り方はエグい

フォロワーさんの数が増えると、減り方もエグいです。

単純に多くの人数に発信は届くようになれば、同じくらい欲しい情報じゃないと思う人数も比例して増えます。

そして初期の頃に発信している内容とは、徐々に変わってくるためです。

これは少し後のお話になってくるので、またの機会に記事にしてみます。

まとめ:分析すれば解決策は見つかる

ツイッターは分析してパターンを把握することで、原因や改善点がみつかります!

数字で判断しつつ、肌感覚を鍛えることで、タイムラインの空気感で、このトレンドに乗ると伸びると予想したりもできて便利です。

数字に一喜一憂しないために、あえて、冷静に数字と向き合ってみましょう!