【体験レポ】コスパ最強のスパ!クアラルンプールのリッツ・カールトンにあるSPAVILLAGE【バラ風呂】

リッツカールトンのスパが気になる女性

マレーシアのクアラルンプールでは、リッツ・カールトンのスパ「SPAVILLAGE」のコスパが最強だと聞きました。世界のリッツとはいえ、国外だと不安なので、全体的なクオリティや流れを事前に知っておきたいです。
 5つ星ホテルとはいえ、接客や清潔感が日本人の基準を満たしているか?はかなり気になるところだと思います。

そして、安いといえども、スパが約2万7千円とか「全然安くないわ😂」と感じていました。

さらに、風格がありすぎて足を踏み入れにくいイメージです。しかしながら、結果はというと控えめに言って最高でした!

敷居の高い場所で良いサービスを受けると自己肯定感が爆上がりするという事も判明したので、なんか色々頑張れそうな気までわいてきます。

それでは、全体的な流れを含めた体験レポいってみましょう。

大阪リッツ・カールトンスパの価格と比較したらコスパ最強

 

今回体験したのは「ローズセラピー」というコースです。

結論から先に言うと、コスパがめちゃくちゃ良いと感じました。

 

リッツカールトン大阪のスパには同じコースがなかったので、似たようなコース料金を比較してみると・・・

大阪のリッツ・カールトンスパの場合:50,000円(3時間20分)

【全身を丁寧にトリートメントする「ESPA」 200分 トリートメント】

内容
フットバス:10分
ボディソルトスクラブ:40分
アンチエイジング・フェイシャル:150分
(ESPAキャンドル(1個)付)

マレーシアのリッツ・カールトンスパの場合:MR990、約26,770円(3時間)
※2019/3/22のレートです

【ローズセラピー】

内容
足湯:5分
ローズオイルマッサージ:約60分
ヘッドスパ:約30分
全身スクラブ:約30分
スチームサウナ:20分
ローズバス(シャワータイム):20分

※約となっている部分は気持ち良すぎてセラピストの説明きいてるの不可能でした笑

【写真付きで紹介】ローズセラピーコース(通称:お姫様コース)の流れ

予約方法:メールでの事前予約がオススメ

英語での電話予約はハードルが高いため、メールでの事前予約がオススメです。

返信も速くスムーズなやりとりができるので、思い立った日の翌日に予約希望でしたが、サクッと決まりました。

予約に使える英語テンプレートを用意してみましたので、コピペなどご自由にどうぞ。

reservation(←タイトル)

Hello, how are you?
I would like to reservation.

Name:自分の名前
Date :  / 時間 第二希望の日/ 時間
Treatment : コース名
Number of person : 人数

返信がきたら、以下をコピペして送信すればOKです。

Thank you for your reply.
I noted.
See you soon.

SPAVILLAGE店舗情報

店舗名 Spa Village Kuala Lumpur
住所 The Ritz-Carlton, 168, Jalan Imbi, Bukit Bintang, 55100 Kuala Lumpur, WP Kuala Lumpur【Googleマップで見る
電話番号 03-2782 9090
公式サイト  https://www.spavillage.com/kualalumpur/

 

スパ当日の流れ

※予約時に15分前にチェックインしてくださいという案内があるので、余裕を持って早めに向かいましょう!

エレベーターは、エントランスをまっすぐ進み、右手に曲がります。

するとエメラルドグリーンのソファーがあるので、通り過ぎ右奥にあるエスカーレーターで4階へ。

受付&お会計

まず受付で先にお会計を先に済ませます。

日本と逆で驚くかもしれませんが、マレーシアはネイルサロンとかも先払いのパターンが多いです。

待合室に案内される

うす暗い待合室で、濃厚なカラマンシージュースを飲みながら待ちます。

カラマンシーは東南アジアにある柑橘系のフルーツで、キンカンとライムを混ぜたような味です。

10分くらい待ったら呼ばれます。

ローズセラピーの内容(コース詳細)

  • 足湯:5分
  • ローズオイルマッサージ:約60分
  • ヘッドスパ:約30分
  • 全身スクラブ:約30分
  • スチームサウナ:約20分
  • ローズバス(シャワータイム):約20分

 

個室に入り着替える

担当のセラピスト「ジェナ」さんに案内され個室へ。彼女は頼れるマダムみたいで安心感がありました。

アロマの良い香りが漂っている個室は広々としていて、日当たりも良く清潔感しかありません。

伸びるメッシュ素材の使い捨てショーツに着替えて、ガウンを羽織ったら足湯に浸かって待ちましょう。

足湯(バラとカラマンシー入り):約5分

ジェナさんは日本語を学ぶのが好きらしく、おしゃべりしながら和やかに始まったケア。

ペパーミントと、何かのオイル(聞き取れなかった)の2種類から好きな方を選びます。

バラとカラマンシーが浮かぶお湯で冷えたつま先を温めて、肌も柔らかくしていきます。

ローズオイルマッサージ開始:約60分

ガウン脱いだらベッドでうつ伏せになります。

強め、普通、ソフトのどれが良いか?聞いてくれました。

もし室内が寒かったら、エアコンの温度を上げてもらいましょう。(設定温度は18度になってました)

I feel coldと言えば伝わります。何度がいいと聞かれるので、25度と答えるのが丁度良いと思います。

ウトウトしていたのですが、時間分しっかりとケアしてくれたの安心できました。

ヘッドスパ:約30分


※画像はイメージです

目元にひんやりとした丸い布を載せてから、サラサラしたオイルを髪になじませ、デコルテ、頭皮、顔、首までゆっくりほぐしていきます。

力加減もちょうどよくて気持ちいいです!

全身スクラブ:約30分


※画像はイメージです

ローズオイルなどをブレンドしたスクラブは日本人の肌にも合うそうです。

終わった後は肌に艶がでてスベスベもちもちでした、、、!

全体的にくすみがとれてトーンアップします。

スチームサウナ:20分


※画像はイメージです

個室内にあるスチームサウナで潤いを与えて、肌にオイルなどをじっくり浸透させるそうです。

サウナの中は暑くて喉も渇くので、この時点で水分補給したい場合は、水をもらいましょう。

Can I get water?とかwater pleaseで伝わります。

ローズバス(シャワータイム):20分

バルコニーへ案内され、シャワーを浴びて身体についたスクラブを洗い流します。

 

甘くてパンチの効いた味のジンジャーハニーティーを飲みながら、ちょうど良い温度に保たれたバスタブで足を伸ばしリラックス。

お風呂は濃厚な甘いミルクの香りで気分はまさにプリンセス!!!!!なにこの天国すごー!!!!!

感動して思わず声が出てしまいました・・・!

20分後、ノックと音で夢の時間から現実世界に戻ります。

シャワーで再び身体を軽く洗い流して、室内へ戻りましょう。

別室にドライヤーやアメニティ完備

着替えたら、別室に移動して髪を乾かしたりします。

めんぼう・コットン・ブラシ・ボディーローション・ヘアジェルといったアメニティーが一通り揃っていました。

化粧水や乳液は用意されていなかったので、お手入れしたい人は持参してください。

行く前に必ず準備しておきたい2つのアイテム

JCBカード

JCBのカードで会計すると、10%値引きされます。

レートは変動しますが、約27,000円だとすると2,700円値引きされます。

その分を、リッツ・カールトンのラウンジでアフタヌーンティ(約2,200円)を楽しむのも良いでしょう。

東京だと4,800円とかなので、物価の差をフル活用してみてください。

》発行手数料&年会費無料!楽天JCBカードをチェックする

水着:スパビレッジ利用客はプール無料

スパビレッジの利用客は、同階にある宿泊客用のプールが無料で利用できます。タイミングは始まる前、終了後どちらでもOK。

こぢんまりとしていますが、清潔感もあり大人がくつろいだり、軽く泳ぐ分にはまったく問題なさそうです。

プールを利用したい方は水着をお忘れなく。

まとめ:明日からまた「頑張ろう」って思える

バラの花びらが浮いたバスタブに浸かっていると、あれ?前世はお姫様だったのかしらワタクシ・・・という気分になれます。

普段から男性ホルモンの方が多い疑惑がある自分ですら、非日常な空間と大切にされている感にテンションが上がってしまいました。

至れり尽くせりのサービスで3時間でも足りないくらいです。

リッツ・カールトンクアラルンプールは中心地にあり、徒歩5分で最高級のショッピングモールパビリオンや、ペトロナスツインタワーへのアクセスも抜群!

クアラルンプール滞在時の宿泊先としてもかなりオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です