ハローワークはブラック求人の温床だった?3社連続でブラック会社の落とし穴にハマってしまった原因

ブラック会社から抜け出したい人

ブラック会社から抜け出すために、ハローワークで求人を探そうと思っています。みんなも利用してるから大丈夫ですよね?

会社員時代、4社中3社がブラック会社で、馬車馬以上に働いていたゆっきー(@yukky_lucky11)です。

ハローワークで求人を探そうとしているあなた!!!!!

ちょっとだけ待ってください!!!!

3分だけでいいので時間をください。

この先の文章を読んで情報収集をしてから、ハローワークへ行っても遅くはありません。

かつて、わたしも、ハローワークが扱っている求人はしっかりしているものだと思っていました。

そして、求職者を助けてくれる機関だと本気で信じていました。

でも、思い返してみると、ハローワークはブラック求人の罠を設置したまま放置していて、ループにハマった原因だったんです。

ハローワークだから安心という思い込みは果たして本当なのか?

この記事を読んで実態を把握して欲しいのです。

ハローワークがブラック求人の温床になってる理由

ハローワークは求人広告が無料で出せるので、ブラックトラップの温床になっています。

ブラック企業は、働く人たちを「使い捨ての労働力」としか考えていません。

求人や人材育成にかけるお金は損だと思っており、自分たちの私腹を肥やすために必死です。

無料で奴隷を募集できるハローワークは彼らにとって好都合。

仕事は求人サイトや広告から探そう

自分が唯一ブラックに引っかからなかったのは、求人広告を見て就活した時だけです。

求人サイトがいい理由は、求人を掲載する際に企業がしっかりと掲載料を支払っているから。

採用活動にお金をかけるということは、ある程度資金もある会社なのと、お金を払って良い人を採用したいと考えている会社です。

なので、できるだけ、求人サイトや地域のチラシなど、掲載コストがかかっている媒体を利用しましょう。

ブラック正社員からホワイト派遣社員に転職した時は、ランスタッドという派遣会社にお世話になりました。

担当者の方に事情を話したところ、とても親身に相談に乗ってくれて、交渉もめちゃくちゃ頑張ってくれたので、ほんとに救世主です。

ブラック辞めれない問題は情報収集で90%解決する

「今勤めている会社ってブラックだよなぁ」

そんなこと、とっくに気づいていたりします。

でも、辞めれない理由があるから、しんどくても働き続けているんじゃないでしょうか?

ブラックを辞めたくても辞めれない問題は情報収集をすれば90%解決します。

あとの10%は、勇気を出して現状から脱却するために行動するのみです。

ブラック会社でも辞められない3つの理由

ブラックだとわかっていても退職できない理由は主に3つかと思います。

  • 世間体や周囲が正社員しか認めない
  • 今の会社以外は多分雇ってくれない
  • 金銭的な事情(貯金面・ローンなど)

世間体に関しては自身の意思で辞めやすいです。

プライドが傷ついたり、批判を浴びたりもしますが、ブラックで心が壊れたら、一生働けなくなる可能性もあります。

正社員を続けろと言ってきた人たちで、私のことを「本当の意味」で助けてくれる人はいませんでした。

続いて、今の会社以外では雇ってもらえないと言うのは、冷静になってみると気づけるのですが、自身の思い込みだったりします。

メンタルが擦り減っている中で、上司の洗脳とかパワハラを受け続けるとそうなってしまうのも仕方ありません。

「お前なんかどこいっても必要とされない」と言われ続けると、会社とか経営してスゴイ社長から言われるからそうなんだろうなって思ってしまいます。

でも、ブラックの社長は、搾取してお金を稼ぐことが得意なだけであって、決して人格者じゃないので聞き流してください。

弱くなってしまったメンタルは、筋トレする回復します。というか、超強くなるのでオススメです。

一番厄介に感じてしまうのは金銭的な事情。

貯金が少なかったり、ローンなどで出費の予定があると、切羽詰まった状態なので判断が鈍ってしまいますよね。

でも、よく考えてみてください。

日本だったら1ヶ月間バイト3つくらい掛け持ちして働けば60万くらいお金作れると思いませんか?

インターネットで稼ぎ方の情報もたくさんあるので、今以上に生活が詰むことはないはずです。

ブラック企業を見分けるポイントや、ブラック消耗度については以下の記事で詳しく書いています。

関連記事:【地獄から天国】ブラック正社員からホワイト派遣社員に転職したら人生変わった話【正社員神話はウソ】

常識を疑い行動を変えていこう

自分が転職したのは、もう8年前とかの話なので、インターネットで情報を仕入れるのが今ほど簡単じゃなかったように思います。

ブラック罠にハマってはハローワークで求人を探し、自ら再び罠に飛び込んでいく・・・。

これを3回繰り返してようやく目が覚めました。

当時は、完全に思考停止しながら生きていたので、職を失ったらハローワークという刷り込みを信じて疑うこともなかったです。

とはいえ、自分がいる環境によって仕入れられる情報には限界があります。

周りに相談しても一般論や常識に沿ったアドバイスをされるので、ブラックで消耗した経験者に相談しましょう。

ハローワークに頼らず、自力で稼ぐ道を模索する手段を検討してみるのも良いと思います!

関連記事:会社員とWEBライターの両立は厳しい?可能にする方法と気をつけたいポイント

まとめ:ハローワークではなく求人広告から仕事を探そう

公的機関という理由だけで、ハローワークを信用てしまった自分が悪かったと反省しています。

今後は、同じことを繰り返してしまわないように気をつけていくだけです。

実際にフリーランスになってから、ある会社に常駐する予定だったのですが、行ってみるとブラックの予感がして1日で辞退できました。

自分で稼ぐ力を身につければ、変だと思った瞬間に会社をスグ去れるので精神的にもかなり楽です。

ブラック会社でツライ思いをしている方に、この記事が届くことを願っています。

コメントを残す