スピリチュアルの申し子からの謝礼が非物質そして的確の極みすぎた

ドバイ滞在中の占い師ゆっきー(@yukky_lucky11)です。

いきなりスピ全開のタイトルでびっくりした方もいるかもしれません。

だって、こんなこと言い出す自分がかなり気味が悪いもん。

不可解なホテルのキャンセル

気が進まないまま予約したホテルが相手方の都合で勝手にキャンセルされて、旅歴7年にして初めてでした。

通常だと当日キャンセルは全額支払いなので、電話で念の為に予約確認したら、予約入ってないからagodaに聞いての一点張り。

なんかホテルのミスにしても流れが不可解すぎて、他にもしんどさを感じてたトラブルの根源が一掃されたんだよね。

しんどいタスクが消え去った理由

思い当たる節は、先日いらっしゃった占いのお客様からのお礼返し説。

厳密にいうと、お客様のお子さんがスピリチュアルの申し子みたいなエネルギーでねすぐ分かったんです。

小さな魂でここまで頑張ってきてくれてありがとうね!あとは任せろってバトンを受け取りました。

お子さんは小さな頃から不思議な発言をしていたそうで、お客様はなんで言ってないのに分かったんですか!?ってすごくビックリしてたよね。

けど、わたしもなんでわかるかはわかりません。霊感ないけどリーディング力は上がったのかもしれない。

繋がれる人と繋がれない人がいる

ただ、確信しているのは、お互いの信頼関係がないとこれ無理で、全員にこうなるわけじゃない。

無意識の悪意を相手が自分に対して抱いているとまずできない。

たとえ無意識だったとしても、やんわりとした悪意を受けながらリーディングするって拷問じゃない?

そういう時は、なんか悲しいから「占い信じてないのになんで来たんですか?」と聞いちゃうもん。

このケースもなんでわかるんですか!?って驚かれるけど、そう感じたからとしか言えない。

だから第六感や集合的無意識の領域はマジで面白いのよ。

体感すると本当にあるんだな〜と事実として受け入れるしかない。