まるでホテル!タイの日本人向け病院サミディベート入院記録

バンコクに日本人向けの病院は数あれど、最も多くの日本人が利用しているのが私立サミティベート病院です。

前回は食あたりで受診したのですが、けっこう高額だったんです。

しかし、今回は入院となっており、聞いた噂によれば、盲腸の手術で入院し2日で100万円かかったとか、食中毒では1日15万だったそう。

そんな高額請求されるなんてこわい!こわすぎる!

でも予約なしで24時間日本語対応可能なのはサミティベートだけだから選択の余地はありません。

そんなわけで、入院時に感じたことや損しないための情報を書いていきます。

※退院したら費用も追記します。

サミティベート病院では意思表示をすべし!

日本人向けと言っても海外の病院。こちらの要望をしっかり伝えましょう。

  • 不審感があったら質問する
  • 要望があれば事前に伝える

この2点は徹底していきたいところです。

急病でしんどい中でやるのはかなり難しいので、今後タイへ行く予定があれば頭の片隅に置いておくと損しません。

保険は命の次に超重要

保険証の有無や保険の有無について、病院側から何度も確認があります。

海外旅行保険やクレジットカードの疾病補償があるかなど必ず確認しておきましょう。

仮になかったとしたら、一旦は建て替えになるので高額出費が予想されます。

サミティベートの場合はザックリ日本の医療費の3倍くらい。

日本で高額医療請求すると何割か返ってくるので、請求書は必ず保管しておきましょう。

自動的に良さげな個室になる

そして、入院する場合はさらに高額になる理由がこちらです。

なんと、病室が日本のビジネスホテルより広い個室になりました(!)

部屋にはシャワー・トイレ・洗面台だけでなく、シンク、ポット、お皿やカトラリーもついてます。

ちなみに、アメニティーも完備されてます。

テレビもあり日本NHK・日テレ・フジテレビ・アニマックスや映画も見れます。

移動した時に他の患者さんが全然うろうろしてなかったのはみんな個室だったから。

部屋は9000バーツ(約32,000円)っていう話はあったけど、まさかのデフォがこの部屋かぁ!

※日本で入院したら部屋は希望しない限り個室にならない

食事がおいしい

こちらのホテル・・・ではなく病院の食事は7種類くらいから好きな物が選べます。

しかも、病院食にしてはかなり美味しい部類。

かなり衛生面にも気を配っており、カトラリーは全て個包装ですし、南国だとすぐ湧いてくる小虫もラップで対策しています。

日本より医療費面はシビア

サミティベートのように、常に日本語対応可能な病院は他にないため、いつでも駆け込める安心感があります。

とはいえ、現地の言葉が話せなければ、コストが上乗せされます。

さらに入院するとなるとシビアです。

いつも健康でもタイで食あたりになってる人は数多くいます。

▼毎日のように読まれてる記事

【永久保存版】タイで腹痛や下痢になった時に飲んだ市販薬と駆け込んだ病院情報まとめ

海外で病気になったら先立つ物は全てお金です。

しかし、情報があれば損失を最小限にできます。

わたしは海外旅行保険に入ったりもしましたが、1番コスパが良かったのはクレジットカードについている海外旅行保険です。

こちらでカバーできるので、自分なら大丈夫と思わず、不慮の事故や病気に備えて渡航しましょう。