もう働きたくない…。仕事に疲れた。人生に絶望したら取るべき行動

疲れすぎて働きたくない人

もう働きたくないです。働いても働いても楽にならないし、お先真っ暗な人生に疲れました。

ゆっきー

わたしもブラック企業で残業100時間、パワハラや人間関係で消耗しすぎて、無気力だった時期があります。

「もう働きたくない」で検索してしまうあなたの心は、ボロ雑巾のような状態で、かなり危険です…。

せっかく苦労して入った会社だし、もう少し今の職場で頑張ってみたら?というアドバイスは徹底的にスルーしましょう。

わたしは逆に安定の正社員を捨てて、レールから外れた生き方を選んだら、人生の幸福度が爆上がりしました。

今回は常識を疑ったことで希望を見出すことができた実体験をお伝えしていきますね!

もう働きたくない…。疲れたと感じる会社を即退職すべき理由

わたしが田舎の実家に住んていた頃、残業100時間で手取り18万のブラック企業で働いていました。

正社員には何が何でもしがみつけという風潮もあり、もう働きたくないと思いながらも、ガマンして働き続けていたんです。

朝起きるとお腹が痛くて気持ち悪い。

仕事中に涙が止まらなくなり、トイレにいたら、サボってないで働けと連れ戻される。

「これじゃ使い物になんねーわ」と上司に言われたのがとどめで、布団から起き上がれなくなり退職しました。

【実体験】Twitterでバズったブラック企業あるあるエピソード8選【狂気】

働きたくない気持ちはみんな持ってる

ぶっちゃけ、人生で1度や2度は「できることなら働きたくない」と思ったことありますよね?

でも、働いているのはなぜか?

わたしたちが常識に縛られ支払いを増やし、自ら借金を背負ってしまうからです。

奨学金、通勤に使う車をローンで購入、生命保険、スマホの月額費。

お金の知識がないわたしたちは、スタートラインが労働力として搾取される養分候補です。

だから生きるために働くではなく、働くために生きるようになってしまうんです。

もし、銀行口座に毎月100万円振り込まれるとしたら、今の職場なんか速攻で辞めますよね?

隠キャがパリピ経営者に聞いた「一生遊んで暮らしたい」を叶える方法

メリットがないことはできない

特に「メリットを感じないからやりたくない」って普通の感情です。安心してください。

逆に、もし頑張ったら頑張っただけ給料が増えて、毎年5万円ずつ昇級して土日休みで有給も1ヶ月とれる。

上司が藤木直人みたいなイケメンで、同僚が綾瀬はるかとガッキー似の美女で人間関係が良い会社だったら、週末の飲み会だって喜んで行くもん。

そして、仮に忙しい月は残業が100時間あったとしても、美男美女の同僚がみんなで手伝ってくれる。

この条件だったら働いてもいいって思えませんか?

ゆっきー

今の会社で働くメリットなさすぎ問題

あるべき論や常識はムシしてOK

上記でお伝えした通り、働くメリットがないのにも関わらず、「労働しなきゃ悪」と圧力を感じる状況がそもそも変なんです。

働くために借金する、仕事だから多少のガマンは必要、正社員であるべき。

わたしがブラック企業にハマった元凶は全てあるべき論を信じて、思考停止していたからです。

【地獄から天国】ブラック正社員からホワイト派遣社員に転職したら人生変わった話【正社員神話はウソ】

ゆっきー

周りのあるべき論信者(特に40代~親世代)ではなく、経験者に相談しましょう。

疲れすぎてもう働きたくない人が取るべき行動

とはいえ、働かなくてもお金がある状態の人は少ないでしょう。ここで取るべき行動はたった1つです。

固定費を極限まで減らしてください!

お金が目減りしていくとしんどい

「もう働きたくない疲れた…」という鬱状態で、目減りしていく残金は、さらに精神的に追い込まれます。

精神的にもおかしくなるからです。。

正常な精神状態に戻って、片付けをしていると未使用のカバンや服が出てくるなど、狂ってた自分に気づけました。

記憶のない買い物とか怖くないですか?

仕事のストレスが原因でショッピングやカードローン地獄に陥る女性も、実はかなり多そうな予感…。

スマホ代・生命保険代を削ろう

金融リテラシーが低すぎて、固定費が高すぎました。

高額の生命保険少ない手取りで貯金もほとんどできませんでした。あの頃に気づいて解約しておけばよかったです。

生命保険と個人年金を解約して、県民共済に切り替えたら、月の固定費が5万円ほど削減できました。

ワーキングプアの情弱すぎる金銭事情!固定費を削ったら5万円くらい浮いた話

家賃を減らす

1人暮らしをしている方は以下の方法で家賃を減らしましょう。

  • 家族との仲が良好→実家に戻る
  • 事情があって実家に戻れない→家賃が安い家に引っ越すorリゾートバイトする

引越しの初期費用を低賃金で貯金したり工面するのは正直かなりきついです。

事情があって実家に戻れない人は、リゾートバイトがオススメです。

働く必要はありますが、家賃・光熱費無料なので給料をほとんど貯金できます!

働くペースによりますが、3ヶ月〜半年で100万ほど貯金できるので、今後の進路を考える余裕もできるでしょう。

リゾートバイト

ゾートバイト.com:業界No.1の高時給な案件が豊富です
はたらくどっとこむ :若者多めで人間関係や環境を重視したい方向け

海外で労働への価値観を改めよう

個人的にオススメなのは海外に出ることです!

  • 物価の安い海外を旅する(生活費は5万ほど)
  • ワーキングホリデーで海外で働きながら住む

仕事に対する意識の低さにビビりますし、何より日本の労働に対する価値観がどれだけ異常かわかります。

逃げ道をいくつか知っているだけで、生きるハードルがかなり下がることでしょう。

もう働きたくないと人生に疲れた私がたどり着いた働き方

わたしは現在、フリーランスとして文章を書く仕事を中心に、ライターとブログで生計を立てています。

労働時間は1日12時間ほどで、ブラック企業時代よりも働いているけど苦痛に感じたことはありません。

なぜかというと、自分の未来が明るくなる労働をしているからです。

わたしももう働きたくない疲れたと人生に絶望していたけど、社会の枠から飛び出て好き勝手に動くことにしたら戻ってこれました。

自分にメリットがある仕事を見つけたら、自然と労働意欲は回復していくので安心してください!

仕事で悩んでいるあなたにオススメ

»高卒底辺がブラック企業からホワイト企業への転職を成功させた方法

コメントを残す