クソ会社に人生を捧げるな!ブラック企業に対する最大の復讐法

ブラック企業へ復讐したい人

ブラック企業に苦しめられています。経験者が行った具体的な復讐方法を知りたいです。

ゆっきー

これまで3社のブラック企業で働きました。長時間労働で会社に行けなくなり辞めたこともあります。

人を人とも思わないブラック企業にダメージを与えるのは難しいかもしれません。

本記事では私が実際に行っている最大の復讐や一般的な復讐方法をご紹介します。

ブラック企業に対する最大の復讐は情報発信

ブラック企業に対してわたしが行ってる復讐は1つです。

ブラック企業への就職を防ぐために情報を1人でも多くの人に届けること。

わたしはトラウマであのブラック企業がある地域にも絶対に近寄りたくないし、もう関係者にも関わりたくないです。

とはいえ、今では当時になかったスマホやインターネットの武器、1万人のツイッターフォロワーや月5万アクセスのブログもあります。

少しずつ拡散力をつけて、これから就職や転職を考えている人に発信していきたいです。

事前の情報収集がカギ

ブラック企業に入ってから抜け出すのは正直カンタンではありません。

洗脳されてしまうと周囲の言葉が耳に入らなくなります。

また、人間は安定を好むので、就職する時にかけた労力を考えると抜け出しにくいです。

事前に情報を収集してブラック企業を避けれるに越したことはありません。

ブラック企業の特徴や対処法を周知

ホワイト企業に入った時は控えめにいって天国でしたし、同じ仕事とは思えませんでした。

新卒だったり職歴がブラック企業だけだと、他の企業と比べられないので、ブラック企業か気づけません。

ブラック企業に共通していた特徴

  1. 男尊女卑
  2. 飲み会が頻繁にある
  3. 前任者の悪口を言う
  4. 事務所の雰囲気が悪い
  5. 観葉植物が枯れている
  6. 駐車場にある車が80%軽自動車
  7. セクハラやパワハラが横行している
  8. ハローワークでしか求人を出さない
  9. 部屋の電気が暗い(節電とか言い訳する)

違和感があったらすぐ動けます。

会社を辞めても次の選択肢はたくさんある

わたしがブラック企業の退職をためらってしまったのはお金がなかったからです。

手取りが少なく、貯金がほとんどできず会社を辞められない・・・。

この連鎖をブチ壊せるのは情報です。しかし、現状では適切な知識と情報を持ってる人が身近にいなかったりするんです。

会社を退職しても人生は終わりませんし、次の選択肢もたくさんあります。

自分の力で人生は切り開けるので安心してください。

ブラック企業に対して法的手段で復讐する方法

予算に合わせた方法を紹介します。

法テラスやブラックユニオンに相談

無料で相談できる団体は以下です。

法テラス:フリーコールやメールで相談すると、各種相談窓口の中から適切な窓口へつないでくれる

ブラック企業ユニオン:無料相談を受けてつけており団体交渉などもしてくれる

バイトを辞められない学生や、立場が弱くて物申しにくい、争うかはわかないけど相談にはのって欲しいケースもOKです。

»法テラス公式サイト

»ブラック企業ユニオン公式サイト

法律事務所など弁護士に相談

有料になりますが未払いの残業代を請求したり、取得できなかった有給、雇用保険の未加入など、法律に詳しいプロに依頼しましょう。

証拠を必ず残そう

しんどくてそれどころの騒ぎじゃないかもしれませんが、少なからず復讐を考えている場合は証拠を残しましょう。

上司の暴言をボイスレコーダーに録音したり、日付・時刻・発言内容をメモする、勤務時間・行も内容など詳しく状況を残しておくと役に立ちます。

自分軸で生きれる人を増やしてブラック企業に復讐する

海外で2年ほど働いてみてわかったのですが、日本の働き方は異常です。

真面目に働くことが美徳、休むのは甘え、周りと足並みを揃えよう!

上記の価値観が「常識」として刷り込まれています。

常識はとりあえず疑う

大多数の意見だから正しい・たくさんの人がやってるから間違いない。

ではなく、

大多数の意見だから正しい・たくさんの人がやってるから間違いない。それはなぜ?

と疑問を持ちましょう。

他人の幸せは自分の幸せではない

わたしは周りの大人に言われるままに、正社員神話を信仰していました。

それこそが、ブラック企業で苦しむ原因だったのに・・・。

正社員のこだわりを捨てたことで、ホワイト企業に転職できて地獄から解放されました。

他人軸ではなく自分軸で生きよう

今は忘れてるだけで、本当は大切にしたいことも、1回でいいからやってみたいこと、死んでもやりたくないことって必ずあったはず。

あなたの人生はあなただけものです。他人は否定するかもしれません。

とはいえ、正解なんかわからないし、やらない後悔を残すより、失敗したとしてもやってみた経験を残す方が人生の幸福度は高いです。

ブラック企業に復讐する方法まとめ

残念ながら10年たってもブラック企業は駆逐されていません。

ブラック企業に入る確率をゼロにしたければ、ブラック企業と無縁の世界で生きていくしかありません。

今は完全にストレスフリーな環境を求めて、フリーランスとして海外などを転々として暮らしています。

この生き方を実現するまでに3年かかってしまいましたが、もし動かなかったら可能性はゼロです。

時代が変わるのを待つのではなく、未来に繋がる働き方をして、自分を少しずつ変えていきましょう!

ブラック企業で悩んでいるあなたへ

»高卒底辺がブラック企業からホワイト企業への転職を成功させた方法

»ブラック企業で過労死レベルの残業を経験した私が教える3つの辞め方