【栃木】書類送検されたブラック企業一覧と見分け方まとめ

栃木県で転職したい人

栃木県で転職を考えています。ブラック企業に入りたくないので情報を知っておきたいです。

ゆっきー

3回も転職に失敗してしまい、ブラック企業で働いた経験があります。栃木県は建築業を中心に書類送検された会社が多く見られます。

本記事では栃木県で書類送検されたブラック企業・危険な求人の見分け方・特徴などを紹介しています。

栃木県のブラック企業一覧!2019年最新情報

厚生労働省の管轄である「労働基準局監督課」が、各都道府県の労働局が公表した内容を集約し、インターネット上で公開しています。

書類送検されている企業がわかるので目を通しておきましょう!

ちなみに、掲載されている情報は以下です。

  • 企業名
  • 所在地
  • 違反法案
  • 概要事例
  • 書類送検日

2019年に発表された企業まとめ

「労働基準関係法令違反に係る公表事案(2019年度版/9月発表)」より、栃木県の企業・所在地・違反法条を抜粋して掲載しています。

違反内容を見れば残業代が未払いなのか、危険な作業内容をさせたのかをザックリ把握できます。

書類送検日は平成30年〜令和7月まで。本社が県外にあり従業員を栃木に派遣している会社が含まれている場合もあります。

企業・事業場名称 所在地 違反法条
竹内産業(株)足利工場 栃木県足利市 労働安全衛生法第20条
労働安全衛生規則第107条
(株)復興御宿富双江葉大馬
鬼怒川秘極の湯風
栃木県日光市 最低賃金法第4条
増山貨物自動車(株)
本社営業所
栃木県宇都宮市 労働安全衛生法第100条
労働安全衛生規則第97条
(株)ヨシコシ食品佐野工場 栃木県佐野市 最低賃金法第4条
(株)井上製作所 栃木県佐野市 労働安全衛生法第20条
労働安全衛生規則第101条
(有)和楽 湯の家旅館 栃木県日光市 労働基準法第40条
(株)双葉 栃木県鹿沼市 労働安全衛生法第20条
労働安全衛生規則第155条
(株)栃木ティーエムアールセンター青木TMRセンター 栃木県那須塩原市 労働安全衛生法第20条
労働安全衛生規則第151条の14
植木建設工業(株) 栃木県栃木市 労働安全衛生法第20条
クレーン等安全規則第66条の2

日光や那須高原など観光地は最低賃金法にひっかかっている企業が目立ちます。

詳細をもっと詳しく知りたい方は、厚生労働省の公式ホームページでも調べてみてください!

»労働基準関係法令違反に係る公表事案

栃木県に多いブラック体質になりがちな職種

栃木県は農業・製造業・観光業が盛んです。人手不足になりがちな業種が多いため、労務管理がしっかりされている会社かチェックしましょう。

また賃金未払い問題も発生しやすいので気をつけたいところです。

ゆっきー

危険な香りがプンプンする・・・。

経験者は語る!栃木県のブラック企業がなくならない理由

ブラック企業が爆誕するメカニズムは、鬼に噛まれた人間が鬼になって人を襲う現象にかなり似ています。

マンガ好きであれば「進撃の巨人」「彼岸島」「鬼滅の刃」などをイメージしてください。

ブラック企業のリアルな実態を知ることで、書類送検されても、訴えられてもブラック企業が絶滅しない現実がわかることでしょう。

ブラック企業の実態、鬼の巣窟

ブラック企業の実態「1日のスケジュール」を紹介してみます。

  • 朝礼や掃除は、無料奉仕
  • 仕事は全体的にムダが多い
  • 昼食は悪口防止に、同じテーブルで食べる
  • 信頼して相談しても、全員にバラされる
  • 休憩時間も気が休まらない
  • タイムカードを切ってから残業

通常業務がしんどいのはもちろん、掃除・派閥争い・密告など、人間関係でのタスクが大量に発生して心が削られました。

関連記事:【鬼の巣窟】ブラック企業の実態と残業100時間のスケジュール【感染】

上司に洗脳された同僚たちが鬼化

ブラック企業がなくならない実態として、わたしは以下の問題を実感していました。

  • 上司の洗脳教育
  • 残業代が欲しい人たちがいる
  • 学校のイジメと同じで逆らえない

プライベートで満たされていないケースも多く、それぞれが問題を抱えていたりします。

家庭で解消できないストレスのはけ口が会社になるため、負のエネルギーが蔓延して人々を蝕んでいくんです。

逃げるが勝ち、辞めよう

鬼に勝つには鉄板のルートがあります。

  • 長年の歳月をかけ鍛錬して強くなる
  • 短期間で力を手に入れるべく鬼化する
  • 鬼と相打ち覚悟で全力で戦い命を落とす

鬼を倒すため命を落しても、マンガの世界みたいに生き返ることはできません。

チートして強くなるにはリスクがあります。年月をかけて修行すると、歳をとってしまい、転職には不利になります。

頑張って見返そうとガムシャラに働いたけど、さらに仕事を押し付けられ余計に消耗しました….。

ゆっきー

長く働いても報われません。ヒーローが助けにくることもないです。サクッと撤退しましょう。

栃木県のブラック企業の特徴&共通点まとめ

ブラックに感じる定義は人により違うため、あなたにとってのブラック企業を見分けるのは、ぶっちゃけ難しいです。

  • 人間関係が複雑
  • 休みが取れない
  • 労働時間が長い

上記は一例ですが、環境が劣悪でも、給料が見合っていれば平気な人もいます。

なので、あなたに覚えておいて欲しいのは、最後は自分の直感に頼って欲しいのです。

一般的なブラック企業の定義

  • 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す
  • 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行する
  • 企業全体のコンプライアンス意識が低い
  • 上記の状況下で労働者に対し過度の選別を行う

厚生労働省の公式サイトで発表されています。

ブラック企業にありがちな共通点

  • 家族(親族)経営
  • 即日採用・翌日出勤
  • 条件が異様に高待遇
  • 正社員雇用を打ち出す
  • ハローワーク求人の常連

これまで働いた3社のブラック企業に共通していました。またバックレ率も高いです。

ブラック企業にありがちな特徴

  1. 男尊女卑
  2. 飲み会が頻繁にある
  3. 前任者の悪口を言う
  4. 事務所の雰囲気が悪い
  5. 観葉植物が枯れている
  6. 駐車場にある車が80%軽自動車
  7. セクハラやパワハラが横行している
  8. ハローワークでしか求人を出さない
  9. 部屋の電気が暗い(節電とか言い訳する)

修羅場のピークタイムは22時くらい。絶望感とイライラが爆発するっぽい…。

ゆっきー

人間マジで追い詰められると、人格が崩壊しちゃったりする

わりと、職種も関係している

とりあえず栃木県といえば、ヤンキーのイメージが強いです。茨城県出身なので一括りにされることもあります。

しかし、どんなに超ホワイト企業であろうとも部署によってはドンパチは仕方ないです。

建築会社で働いていましたが、現場によってはケンカが勃発してました。

業界によっても部署でホワイトかブラックになったりするので、細かく調べた方が良いでしょう。

企業の口コミは個別にチェック!

ブラック企業にどうしても入りたくない!転職に失敗したくない!というあなたへ。

企業10万件のリアルな口コミが無料で見れるキャリコネで、面接先の情報をWチェックしましょう。

大手だから安心という常識は消え去り、業種もあくまで目安なので、最新情報はチェック必須です。

栃木県にもある!?ブラック企業ランキング最新情報

栃木県にもある「ブラック企業分析家」たちを唸らせた、ブラック企業大賞の受賞企業はこちら。

過去から2018年度までの情報をまとめています。

ブラック企業大賞を受賞した会社一覧

大賞を受賞した企業名を抜粋してまとめました。

2012年 東京電力株式会社
2013年 ワタミフードサービス
2014年 株式会社ヤマダ電機
2015年 株式会社セブンイレブンジャパン
2016年 株式会社電通
2017年 株式会社引越社・関東・関西
2018年  三菱電機株式会社

ブラック企業ランキングを受賞した会社の特徴7個

大賞を受賞している企業は、非人道的な行為を繰り返す特徴があります。

  • パワハラ
  • モラハラ
  • 裁量労働制
  • 長時間労働
  • 残業代未払い
  • 社会保険・雇用保険未加入
  • タイムカードや残業時間の改ざん

書類送検多数!ブラック企業の温床になりやすい職種

  • 飲食業
  • 建築業
  • 教育業
  • 小売業
  • 運送業
  • 引越業
  • 不動産業

休めない→ストレスが溜まる→イライラする→八つ当たりでパワハラやいじめが横行

ゆっきー

上記のループが原因で、人手不足の業界はブラック化しやすい傾向です。

ランキングで指摘を受け実際に労働環境の改善に務めている会社も一部あります!

栃木県のブラック企業を求人から見破る方法まとめ

ブラック企業の求人広告を観察してみると、彼らはキラキラした日常を連想させる言葉選びがとても上手いです。

警戒しておきたい特徴をまとめたのでチェックしてください!

ブラック企業の求人広告に多い3つの特徴

  • デメリットは全て「隠す」
  • 過剰なくらいの「仲良し感」
  • 圧倒的に「胡散臭い」

ブラック企業の場合、不都合な点を全て隠してしまうがゆえに胡散臭くなってしまいます。

ホワイト企業の場合、不都合な点も隠さず掲載するために、怪しさがありません。

求人広告以外でブラック企業の特徴を見分けるコツ

  • 企業理念や社長の人相
  • 社員の表情が死んでいる
  • 会社のホームページがないor適当すぎる

経営者だから立派な人間に違いない!という思い込みは捨てて冷静に判断しましょう。

貼り付けたような笑顔、社員に死相が出ている、なんか雰囲気が悪い。

直感で違和感があれば避けるべきです。

ブラック企業の求人に多いフレーズ9個

警戒フレーズ 解説
未経験歓迎、ヤル気や熱意を評価、独自の研修制度 やりがい重視で労働力を搾取する洗脳が目的
アットホームな会社、先輩が丁寧に指導 ヒエラルキーやパワハラが横行している
みなし残業、一定の残業時間を含む、36協定 残業させられることが前提になってます
あなたの夢を応援します、独立支援 夢を追う人はお金が必要なので働いてくれます
積極採用中、大量に採用してます 離職率が高いので補充しておきたい
自主性を尊重します しっかりと教育する気がない
経験より成果主義、20代~30代で幹部候補に 若くて体力がある人しか残れない
20代で年収1,000万も夢じゃない! インセンティブの営業職

長くなってしまうため、さらに詳しく読みたい方は過去記事をどうぞ!

栃木県のブラック企業に就職しないよう事前調査で回避しよう

一流企業だとしても子会社はブラックだったりするので最新の注意を払いましょう。

わたしは特徴や見分け方を伝えることはできても、全ての会社の実態はわかりません。

入社予定の会社や面接した会社が怪しいなと感じたら、必ず企業の口コミをチェックしましょう!

企業の口コミは個別にチェック!

ブラック企業にどうしても入りたくない!転職に失敗したくない!というあなたへ。

企業10万件のリアルな口コミが無料で見れるキャリコネで、面接先の情報をWチェックしましょう。

大手だから安心という常識は消え去り、業種もあくまで目安なので、最新情報はチェック必須です。

ブラック企業で悩んでいるあなたへ

»絶対に失敗したくない人向け!ブラック企業からの転職マニュアルまとめ

»ブラック企業で過労死レベルの残業を経験した私が教える3つの辞め方