【元社畜の体験談】ブラック企業からの転職が圧倒的に不利だと感じた5つの理由

ブラック企業からの転職は圧倒的にハードでした。

残業続きで時間がない。でも手取りが少ない。

洗脳から自我を保つだけでもやっとだからです。

でも、転職活動を頑張ったらホワイト企業に入れたので、不利でもやる価値はあります!

ピンチをチャンスにして転職を成功させましょう。

ブラック企業からの転職が不利だと感じた5つの理由

・貯金がない
・時間がない
・専門スキルがない
・低学歴(高卒・中退)
・履歴書の職歴が汚れる

当時を振り返ると、残業100時間なのに手取り18万という過酷な状態でもスグ転職できませんでした。

とはいえ、事前に知っているだけでもブラック企業からの転職活動はスムーズになります。

貯金がない

低賃金すぎて日々の暮らしを送るだけでいっぱいいっぱい。

スグ退職を決意できるほどの蓄えがないと不安ですが、不安なのは情報を知らないからです。

短期のアルバイトで食いつなげば生きれます。

家賃が払えなくても、住み込みで光熱費・家賃・食費無料のリゾートバイトがあるので、死にません。

関連記事:ワーキングプアの情弱すぎる金銭事情!固定費を削ったら5万円くらい浮いた話

時間がない

転職活動に費やせる時間が圧倒的に少ないです。

ブラックですから有給休暇はもちろんありません。
残業していると、転職相談の窓口はすでに閉まっていたりします。

しかし、調べてみると土日に営業していたり、オンラインで相談に乗ってくれる転職エージェントもあるので上手く活用してください!

専門スキルがない

専門スキルがないから転職できないということもありません。

スキルを磨いてから転職活動するとズルズル伸びてしまいます。

専門スキルがなくても探せる求人はたくさんあるので調べてみましょう!

低学歴(高卒・中退)

そもそも低学歴なわたしには、欲をかかず今の場所で十分と思っていませんか?

ただの思い込みなので心配でください!

履歴書の職歴が増える

転職ばかりして履歴書の職種欄が汚れるのではと未来を案じてしまうかもしれません。

でも、職種や履歴書を重視してガマンするよりも、あなたの健康の方や命の方が大事です。

身体を壊したら働けなくなってしまいます。

ブラック企業からの転職は不利だけど可能

わたしがブラックで追い詰められていた時、どうでもいいやと自暴自棄になっていました。

感覚がマヒしてしいるので感情のない働きロボットのようになってしまうんですよね。

実際に長時間労働して、クタクタで帰宅して、ご飯もまともに食べている時間がない。

自己肯定感が低くなりすぎて、転職を考える気力すらわきませんでした。

そして最終的に人生に絶望して自信を失い「今の会社しか自分を受け入れてくれるところがない…。」と思い込みから抜け出せない。

上記に陥ってしまう原因は自分の市場価値を低く見積もりすぎているだけです。

具体的な解決策は、客観的にあなたの経歴や強みを見出してもらうことで、自己肯定感は取り戻せます。

オンラインで無料チェックできるので試してみてくださいね!

転職に活かせる強みを見つける

ブラック企業に長くいると転職は不利になる

脱ブラックできてはじめて心にゆとりが生まれ、人生設計ができました。

その段階でやっと生活をより良くしようという向上心が芽生えます。

今が1番若いので、転職は早ければ早いほど有利ですし挽回可能です!

ブラックから抜け出して自分の人間らしい生活を取り戻しましょう。

あなたの強みを無料でチェック

コメントを残す