最近くすぶってない?ゆっきーの高まる会でワクワクしませんか?(Ü)

3分でできるライティング初心者こそ意識したい記事投稿後のチェックポイント

パソコンで記事を書いた後にスマホからもきちんとチェックしていますか?

 

毎日ライティング作業をしているゆっきーです。

 

長文なのにサクサク読めてしまうリズム感のある文章ってありませんか?

 

逆にそんなにボリュームがないのに読む気を無くしてしまう場合もあります・・・。

 

どちらにしても思いは1つ。

 

せっかく書いた記事ならなるべく最後まで読んでもらいたいですよね?

 

ブログやアフィリエイト問わず記事を書くときに意識していることを紹介してみます。

 

行間がきちんと空いているか?

 

普段から文章を書くことに慣れている人にとっては長文の文章を見ても平気だったりします。

 

しかし、普段からあまり文章を読み書きしない読者を想定して構成を作る方が無難です。

 

その方が読まれる確率がグッとアップします♪

 

行間や文字の長さは各記事のジャンルによって使いわけるのもアリ。

 

読んでて楽しいエンタメ系やネタ系記事

 

・頭を使わず楽しく読みたい読者層を想定
・1つの文章は短く簡潔にする
・行間は改行を多くして気持ち広めに

 

情報提起系の真面目な記事

・真剣に解決したい問題がある読者層を想定
・かっちりして少し長めの文章
・「なんか」「感じ」というやんわりした表現は避ける

 

どちらにせよ文章を読むことに慣れている人でも、疲れてたり気分的に優れない場合は文字が詰まっていると感覚的に読む気を失ってしまいます。

 

リンクの位置は適切か?

 

1000文字くらいの記事をパソコンから読んでも文字量は少なく感じます。

 

でも、スマホから見てみるとどうでしょう?

 

まずスマホの画面でアイキャッチからスクロールしていくと、手を休めたくなったり止めてしまう位置ってありませんか?

 

この指が疲れてくるゾーン(と名付けて呼んでます)にリンクを貼り忘れてないかは確認しましょう!

 

見落としがちなのですが、ここにもアフィリエイトリンクや内部リンク貼っておくとサイトへの滞在時間が伸びたりと取りこぼしが防げます◎

 

記事投稿後にチェックすることまとめ

 

内容やテクニックというよりは読んでくれる人たちへの当たり前の気配りですよね♪

 

改行や適切な位置へのリンク設置は気をつけるだけで改善できるので、ライティングに慣れてない時からクセづけておくと後々とっても楽になりますよ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です